脂肪吸引施術について

最近、脂肪吸引という単語はメディアでも流れており、多くの人にとって耳慣れたものになっています。

美ボディ現在は日本を始め多くの国で、痩せている身体が美しいという美意識が浸透していますが、かつてはそうではありませんでした。ルネッサンス期の絵画には、豊満な胸、お腹、お尻の女性がゆったりと微笑んでいる様子が描かれています。その時代には、太れるくらい食べ物が豊富にあるということが豊かさの指標だったからです。その後、先進諸国を中心に食生活が豊かになり、美意識が変化して、痩せたい女性が増えてきました。

そんな流れの中、脂肪吸引は、1921年イタリアで最初に行われ、その後1977年にフランスのフルニエ・ルイーズ医師が始めたカニューレ吸引法が現在行われている施術の源流と言われています。これは、皮膚に開けた小さな切開口から広範囲の皮下脂肪を吸引し除去する方法です。

日本で脂肪吸引が行われ始めたのは1980年代の初めごろですが、当時の施術は、全身麻酔をかけ、出血も伴う手術でした。その後、各国の医師により改良が加えられ、現在ではかつてに比べて、安全性と効果は格段に上がっています。

脂肪吸引には様々な種類があり、昨今は切らない施術法も開発されています。このサイトでは、切らない施術法のひとつであり、その安全性や身体への負荷の少なさから注目されているスマートリポレーザーについて説明します。興味のある方は参考にしていただければ幸いです。